小屋

小屋

WORLD MOOK 1144号 発行:2017/5 ワールドフォトプレス

小屋に住みたい・・・そんな願望があります。居間、寝床、キッチン、トイレ、シャワーがついていて、3坪(6帖)ぐらいの家に住んでみたい。小さいけれど上質な家、スモールハウスと呼ばれて、アメリカ等でも静かなブームだそうです。住宅ローンや高額な家賃に追われることもなく、人間らしい豊かな暮らしがしたい・・・。家が小さいが故に、什器や持ち物なども含めて環境負荷も小さくなり、本当に必要な物以外は家に置くことができないので、心の整理もつくのではないかと想像しています。

世の中にはいろいろな小屋があります。テント,秘密基地,避難小屋,釣り小屋,ガレージ,読書小屋,ツリーハウス,農機具小屋,大草原の小さな家!等々、小屋はときに命を守ってくれるシェルターであり、ときに冒険心を掻き立てる最前線基地でもある。僕の心にヒューマンスケールで生きたい願望があるのかも知れません。

じゃあ住めば。そだね(特許は出願していません)。僕が造った木造の駐輪小屋をスモールハウスに改造するのが手っ取り早いかな・・・。完成したら、主屋から追い出されたりしてね(あり得る)。

WORLD MOOK 1144号には、スモールハウスではなくて、いろいろな楽しい小屋が紹介されていました。木造船をひっくり返して半分にしたものを小屋として利用しているのは典型的らしいのですが面白かったです。見ていてやはり、廃材をうまく利用している小屋はセンスがいいし、アイデアが素晴らしいし、環境的にも正統派だし、クールだよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です