恋は雨上がりのように6

恋は雨上がりのように6
著者:眉月じゅん 発行:2016/10 小学館

恋雨の6冊目です。

ふと、人生80歳ちょい時代だとすると、
「僕の人生は全10巻中の6か7巻だな」
なんて思ってしまいまして(笑)。

ストーリーの大事なところだね、今が。

まだ17歳の橘あきらさんには、
アスリートとして復帰してほしいと思う。

まだ45歳の近藤店長さんには、
好きな物書きを続けてほしいし、
若い恋から学んだことを生かして、
少しだけ出世してほしい(笑)。

脇役のサイドストーリーも面白い。

僕の年齢に近い45歳の近藤店長よりも、
橘あきらさんにまったく相手にされない
吉澤君のほうに感情移入出来ます。
(ほろ苦い経験がそうさせるのか・・・)
がんばれ吉澤君!

(2018年の50冊目)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です