空母いぶき

空母いぶき

公開は2019年の5月でしたね。

初めて映画版を観ました・・・。

原作では中国軍が相手でしたが、

本作では ちゅ の字も出てきません。

突如名乗りを上げた新興国家が、

空母や潜水艦を保有する設定が意味不明。

作戦行動中の艦上の自衛官のやりとりが、

とろすぎて艦が沈んでしまいそうですよ。

せっかくの日本の豪華俳優陣なんですが、

監督以下の制作陣が台無しにしています。

覚悟もリスクも平和を守る心も厳しさも、

本作品からは中途半端なものしか感じず。

なにがやりたいんだか、伝えたいんだか、

久々に酷い作品を観させられた感想です。

映画館で観ていたら怒りだしたかもねぇ。

レンタル代、返してもらいたい気分です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です