東飯能から入間川・荒川で東京サイクリング

11/28

明日は久しぶりのサイクリングなので、暫く乗っていなかった愛機を掃除します。
チェーンに注油してウェスで拭くと滑らかに光り輝き、気持ちが上がりますね。
ゆっくり風呂に入ってから、早めに就寝します。

11/29

6:00起床。身支度を整え、空気圧をチェックして、7時過ぎに出発。

羽村駅に到着。愛機を畳んで輪行袋に収納、7:22発の青梅線の上り電車に乗る。

本日の相棒の俊敏さんからラインが入ってました。
「おはよ♪」「一本早いのに乗れそうなんで、先に拝島で待ってるね。」ときた。

実は僕も約束より一本早い八高線に乗れるタイミングで行動していたのだ。
お主もやるのお(笑)。
「半頃拝島に着く。」と返信。

俊敏さんは「最後列の後ろから二番目のドアのところに乗ってる」とのこと。

7:29に拝島駅着。駅構内のコンビニで軽く朝食を買う。

八高線のホームに7:39発の川越行きの電車が入ってきました。

車内には、懐かしい顔が待っていました。
高校の同級で、今は会社経営者、社長さんですよ。
在校当時はお互いに酷い目(内緒・・・笑)にあって、苦楽を共にした仲です。

8:01に東飯能駅に到着。
東口駅前で、愛機を輪行袋から出して展開。
お互いに買ってきた朝飯を頬張る。美味いね。

8:20頃に出発。
一路東へ入間川沿いを目指す。
今日は良い自転車日和になりそうだ。

8:45頃に入間川の笹井堰へ。
左:俊敏さんの愛機ブロンプトン ( S6R )
右:愛機 Dwarf galaxy号 ( BSスニーカーライト SNL163 )

遠くを見ると、鵜(う)や鷺(さぎ)が魚を狙っています。
鴨(かも)が呑気に浮かんでいます(忙しいかもですが)。

9:00頃に入間川左岸の豊水橋より始まる川越狭山自転車道のスタート地点へ。

のんびり気ままに行こうじゃないか、行けるとこまで。
走れるとこまで走って、疲れたら電車で帰っちゃえばいいんだから(笑)。
往路を楽しみ、復路の自走は考えなくていいのが折りたたみ自転車の気楽なところです。

9:35頃、入間川支流の水路の取水堰の橋を渡ってみる。

少年の頃の冒険のような気分。
柱脚の溝に板を落とし込んでせき止めると、水位が上がって水路に水を引き込める具合になっているようです。

サイクリングロードは思いのほか空いています。
おかげさまで、走りながらずっと喋りっぱなし。
雄大な景色を見ながら、話題は尽きないよ。

東の遥か彼方に真っ黒な煙が上がっている。
たぶん火事だ。恐いな。
みんな燃えてしまうからね。

10:25頃、遠くの山々を眺める。

「あれはキューピー山(大岳山)か?」
「尖がってるのは雲取山か?」
「あれは八ヶ岳じゃね?」
「方向が違うよ、北があっちだから・・・」

いやぁ~楽しい。
一人じゃ話が出来ないからさ、誰かと一緒っていいね!
なんて、あらためて思いましたよ。
ロードバイクと違って速度が遅いんで、ほんと気楽だし。

自転車って快適に走っていると、ひたすらに走っちゃう。
しかもお喋りしながらね。
おっさん同士でも、けっこういけるね。

入間大橋を渡って、オフロードビレッジのところから荒川サイクリングロードに入ろうと思ったら、なんと堤防の工事で入れないでやんの。
仕方なく入間大橋を戻って、入間川右岸を下ってゆきます。

上江橋で荒川左岸に渡ります。

この辺り、サイクリングロードなんだか、公園なんだか、農道なんだか、非常に微妙なんですが、あんまり気にしません。
間違えても面白いじゃんみたいな。
これも、気の合う友人と二人で走っているからでしょうね。

笹のトンネルを抜けると、秋ヶ瀬サーキットがありました。
いつかKSRで走ってみたいな。

「腹減ったな~」「どっかで食うか」とか言いながら、お互いに止まりゃしねぇ・・・。
(^^♪
『走り出したら 止まらないぜ 日曜の昼の天使さ』
天使って柄じゃないな・・・死神か?・・・どっちがだ(笑)?

無計画ぶり、行き当たりばったりぶり、止まるのがめんどくさいぶり、がいい感じ(笑)。
次回は握り飯をリュックに忍ばせておこう。

13:10頃、戸田競艇前にて。

水面を猛スピードで競艇が疾走してますな。

13:50頃、ATM、トイレ、小腹が空いたので、道を外れて7-11へ。

お腹空いてたから、コロッケパンが極上の美味なり。
『もっと走って東京駅付近で食べて帰ろぜ』という雰囲気になる。
疲れて武蔵野線で帰るどころか、俺たちTOKYOまでやる気まんまんだぜ。

14:25頃、首都高速川口線鹿浜橋入口前にて。

快調な走りです。

俊敏さん、登りのスロープを元気よく走ってゆく。
ついていけねぇ。
俺ちゃん、納豆走法だから( ´艸`)。
そしたら、「一寸待って・・・脚が痙攣してる」だって(笑)。
頑張り過ぎ だっちゅ~の(パイレーツ)。
古くてすみません。

15:25頃、木根川橋野球場前からスカイツリーを眺める。

けっこう来たな。

15:50頃、江戸川競艇場前にて。

河口を目指すぞ!

16:00頃、首都高中央環状線下にて。

なんかさ、未来都市って感じがする。
フューチャー・ワールド。
『新しい世界に走りだそう♪』
『まだ誰も知らない未来へ♪』
心の中で口ずさんでました。

曇ってるけど、夕焼けがきれいだな。

16:10頃、荒川中洲南端に到着!荒川河口橋が見える。

橋の向こうは東京湾だぁ!

まさにワンダフル!

首都高中央環状線がカーブしてゆく。

大変よく走りました。

ホントに飯能から荒川の河口まで来ちゃいましたね、折り畳み自転車で。

そうそう、僕はこんなオッサンですわ。

自称、自転車少年に戻ってます。

さて、そろそろ東京駅方面に向かいましょう。
TOKYOに詳しい俊敏さんに先導してもらいます。
ん~、都内の車道を走る。少し車が怖い。

16:40頃、トイレ&小腹が空いた。

自転車に乗ると、どら焼きが食べたくなるんですよね。

17:05頃、永代橋から月島リバーシティを見る。

夜景が綺麗だな。
東飯能駅から自転車で来ているのが不思議な気分です。

17:20、東京駅に到着。

駅前に立つの、久しぶりだな。
別世界だし、俊敏さんに言われたよ。
『郊外もいいけど』『東京を知っておく』のも大事だって。

俊敏さんに先導され、イルミネーションが華やかな丸の内仲通りを走る。
ウェディングドレスを着た若い女性が写真撮影をしている。
第一生命ビル、ザ・ペニンシュラ東京、日生劇場、東京宝塚劇場、帝国ホテル前をグルリと回る。

17:45頃、今日は29日だから、肉(にく)の日ということで、美味しいハンバーガーを食おうぜと、案内してくれましたSHEKE SHACK 。
ハンバーガーが 一つ1210円。

屋外席へ。
ダブルバーガーなんで、それなりのボリューム。

食べてみた。
美味しい・・・驚き。

こんな美味しいバーガー初めて食べたよ。
こういう食べ物は、中途半端な郊外にはないよね。
やっぱTOKYOは凄いわ・・・。

一応都民ですが、多摩地域なんで、東京に行くって言うんですよね。

本日のサイクリングの終わりの食事として、最高に楽しく嬉しい食事でした。
俊敏さんは、僕とここでハンバーガーを食べてるのが実に不思議だと言っていました。
それは僕も思うところです。

さて、そろそろ帰りましょう。

18:40頃、東京駅のドーム下で愛機を畳み輪行袋に収納します。

中央線に乗り帰途につきます。

特別快速に乗り換えることなく、空いた車両でのんびりと。

立川駅で、俊敏さんは高尾方面へ、僕は青梅線へということで、別れます。

楽しいサイクリングでした。

また一緒に走ろうぜ。

羽村駅で愛機を輪行袋から出して展開。

それ程の疲れもなく、元気に走り出します。

20:20頃、自宅に帰り着きました。

本日の走行距離は、僕のグーグルタイムラインでは86キロ、俊敏さんのグーグルタイムラインでは109キロと出ており、僕のはショートカットする傾向があるので、俊敏さんの数値を採用して、109キロの走行とします。

いやぁ~、よく走りました。

「東飯能から入間川・荒川で東京サイクリング」への2件のフィードバック

  1. SNL 186の太郎です、 ご無沙汰しております、1年半ぶりのコメントです。
    こちらまで来られたのですね、私は葛飾在住ですので荒川サイクリングロードを時々走ります、木根川橋、江戸川競艇、中土手の最南端等よく知っている風景が出てきて嬉しいですね、私も先月末に走ってましたよ!
    それにしても健脚っぷりは凄い&羨ましいですね、これからも記事を楽しみにしております。

    ボートレースと言わず、競艇と言ってしまうのが同世代の証ですね(大笑)。

  2. 太郎さん、こんにちは!
    荒川は川幅が広いですね。
    多摩サイの川幅に慣れてるので、左岸を走っているのか中洲を走っているのかわからなくなり、面白かったです。
    喋ったりしながら気ままに走ってたら、なんとなくやる気が増してきて(笑)、想定より走っちゃったって感じです。
    あらためて折りたたみ自転車の楽しさを発見しました。
    自然と競艇って言葉、出ちゃいました( ´艸`)。
    大変な世相ですが、お互い気をつけて折りたたみ自転車ライフを楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です