ひよ子

職場に届いた差し入れの 名菓 ひよ子。
多くの人に愛される定番の銘菓ですが、
大正元年(1912年)の生まれだそうです。

可愛いヒヨコをパクっとしたときの幸せ!
ん・・・まてよ・・・それって・・・、
可愛いのに食べたいってどういうこと?

調べてみると、
なにやら科学的根拠がありそう!

赤ちゃんや子犬を強く抱きしめたくなったり、思わず噛み付きたくなったりする本能的な自然な反応や、

赤ちゃんの匂いや写真を見て活性化する脳の部分と、美味しいものを目にして食べたいと感じる脳の部分とに、共通性があるらしく、

哺乳類のじゃれあう甘噛みの習性も影響しているかもしれないようで、

可愛いものをパクっとしたくなるのは、
人としての本能的な部分なのでしょうか。

 

他に思い出しちゃったのは「甘食」。

先っぽから食べるか、縁から食べるか、
以前、アンケート的に聞いてみたら、
縁から食べる派が大勢を占めるなか、
僕ともう一人のみ 先っぽ からでした!

その食べる姿はまるで、
乳離れできないオッサンみたいで・・・。

皆さんは「甘食」、どこから食べますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です