夏子の酒5,6,7,8

夏子の酒8
著者:尾瀬あきら
発行1990/9
モーニングKC講談社(2019 年の49冊目)

・大丈夫・・・・・・きっと うまくいく・・・・・・(P84)

・昔のことではない おれは未来のことを言っている! 飽食の時代など歴史から見ればほんの一瞬の出来事にすぎん まっさきに飢えが訪れるのは自給率30%のこの国だ 田畑を潰し続けるこの日本という国だ!!(P140)

酒にしても、米にしても、ものを造る人たちは、寝食を忘れるほどの夢と向上心と一所懸命さが必須ですよね。それが人を惹き込んで広がってゆく。そんなものづくりがしたいですね。

夏子の酒7
著者:尾瀬あきら
発行1990/6
モーニングKC講談社(2019 年の48冊目)

夏子の酒6
著者:尾瀬あきら
発行1990/3
モーニングKC講談社(2019 年の47冊目)

夏子の酒5
著者:尾瀬あきら
発行1989/12
モーニングKC講談社(2019 年の46冊目)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です