BANANA FISH 15~19

BANANA FISH 19
著者:吉田秋生
発行1994/10
小学館 フラワーコミックス

物語が後半に進むにつれ、アッシュはどうなる・・・、英二は・・・。

とても気がかりでしたね。

抗争や身を護る為とはいえ、対立するグループやマフィアのメンバーを殺し過ぎているアッシュに、平和で自由な日々は訪れるのだろうかと・・・。

なんとなく、アッシュに訪れる最後は、予感するところがありましたが、最後に平和で自由な日々が訪れてよかったんじゃないかと、思いました。

短編の ANGEL EYES では アッシュ と ショーター の出会いが描かれ、光の庭 では 英二 と シン のその後が描かれ、最終巻を飾るにふさわしいラストとなっています。

もう連載から34年、コミック発売から25年も経つのですね。

僕は BANANA FISH を、海街diary つながりで、初めて読んだのですが、本当に面白かったですね。

吉田先生の作品は、感情描写が繊細で、セリフのない部分から伝わってくるものに、僕は心が揺り動かされてしまうんですね。

BANANA FISH 15~18
著者:吉田秋生
発行1992/11 ~ 1994/4
小学館 フラワーコミックス

(2019年の82~86冊目)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です