いまこそ知りたい 三国志

いまこそ知りたい 三国志
EIWA MOOK 発行:2019/8
英和出版社

緊急事態宣言下で営業時間が短縮され、
閉店間際となった書店に駆け込んで、
4~5冊あった三国志のMOOK本から、
急いで選んだのがこの本で、
選ぶ基準を一番安いヤツにすると決めて、
くじ引き感覚で買ってみました。

でね、壮大な三国志のストーリーは、
このMOOK本で網羅できるわけもなく、
編集も断片的な紹介が続いて、
知らない人には、よくわからない本かな。

時代ごとの国の勢力図がなくて、
位置関係が全くわからないし、
難しい漢字のカナがなくて読めないし、
文字が小さいし、
写真背景の文字が読みにくいし、
経験の少ない若い編集者が作ったのかな。

もう少し親切に作ってほしいよね。
一般向けの本なのだから。
なんて思いました。

多少は知識があるので、
僕はなんとか読めましたが、
老眼の人には厳しい読書でした。

「いまこそ知りたい 三国志」への2件のフィードバック

  1. Fire 7タブレットを緊急事態宣言直後に購入し、青空文庫の三国志呼んでます。
    だって青空文庫の三国志無料ですもん。

  2. 三国志、面白いですよね。
    昔、アニメや人形劇で三国志、やってましたよね。

    今に通じる様々なエピソードがあって、
    色々な人たちが出てきて織りなす人間模様。
    昔の中国は凄いと思うよ。今もかな。

    YouTubeで 三国志 Three Kingdoms 全話観ました。
    吉川英治の小説も読み中です。

    趙雲、張遼、許褚がお気に入りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です