岩原城跡

5/28、仕事で南足柄市に赴きました。
法務局や市役所で調べものをして、
現地確認を済ませると丁度お昼過ぎに。

せっかく来たので近くの城跡を検索する。
ほほ~、昼休みに少し寄ってみようかな。
ということで、やってきました岩原城跡。

目印の案内は小さいけど見落とさぬよう。

色褪せて字が読めないですけども(笑)。

人家脇の細い通路を登ってゆくと、

静寂に包まれた西物見郭跡に着きました。

風が吹いてゆく・・・・兵どもが夢の跡。

右は当主だった大森氏頼さんの墓標で、
(生年不詳~1494.9.25)
帰宅後に調べて分かりました。_(_^_)_
扇谷上杉家内において、大森氏は、
三浦氏、曽我氏とともに、
扇谷三家と呼ばれた名門だったとのこと。

落城し、時代とともに移ろいゆく。でも、
いち時代を築いたということは凄いこと。

自分史で一時代を胸を張って言えるのは、
小さくても 精一杯生きた ということ?
凡人の僕は、そんなことを思うのでした。

だよな~、前途多難だけど、がんばろ~。
激動の戦国時代に生きた人々に比べたら、
きっと幸せすぎるんだよね~、これでも。

城跡を後にして、帰途につくのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です