Default

国家が破産する日

韓国では2018年11月、日本では2019年11月公開の韓国映画です。

さすがですね、韓国映画。面白いです。

すっかり引き込まれちゃいました。

1997年の韓国のIMF経済危機を描いた作品で、政府サイド・投資家サイド・庶民サイドの視点で、残酷にも刻々と悪化してゆく様子が切ない。

出演は、韓国銀行通貨政策チーム長を演じるキム・ヘス、金融コンサルタントを演じるユ・アイン、食器工場経営者を演じるホ・ジュノ、財務局次官を演じる名脇役のチョ・ウジン(先程観た『金の亡者たち』にも出演)など。

ユ・アインさん演じる金融コンサルタントの
「連中(政府)は市場原理主義者です 危機を脱する際も大企業や財閥が何とか生き残れる方法を選ぶでしょう (中略) 富める者を生かす改革を試みるはずです」
「僕は騙されない」
という言葉には、その通りなんだろうなと。

政府や新聞などのメディアは、国家存亡の非常時には嘘をつくものです。
歴史を振り返れば、国家の常時には勇ましいことを言っていても、国家存亡の非常事態には国民を騙して時間を稼いで、現場を犠牲にしてその間に真っ先に逃げるのが政府や新聞などのメディアの上層部かな・・・と、僕は思っています。

現在でも世間を賑わす政府や新聞の不祥事でも、現場の人間に責任を押し付けて、上層部は知らんぷりしてどこ吹く風ですしね。

国民個人に力はないけど、騙されないようにしたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です