Capitalism : A love Story

キャピタリズム~マネーは踊る~

公開は2009年9月、日本公開は2009年12月。

監督/製作/脚本/キャストはマイケル・ムーアさん。

発表当時は話題になった作品でした。

本作品の後半、

もし彼が生きていたら
米国民は人種に関わらず
雇用の権利を得ていただろう
最低限の賃金も 国民皆保険も
十分な教育も 手頃な値段の家も
有給休暇も 妥当な年金も・・・
どれも未だに実現していない
米国民にはどの権利も保障されていない

だが欧州や日本では
どれもが保障されている
一体なぜだろう?
戦後ルーズベルト政権の人々は
欧州へ渡りその復興に尽くした
その間に敗戦国では
新しい憲法が制定された
ドイツ イタリア 日本だ
イタリア憲法では男女平等の権利が保障
1947年の当時にだ
ドイツ憲法では公益のために私有財産や
生産手段を国が用いる権利がある
日本の憲法では
すべての労働者に団結権がある
国民には学問の自由も保障されている

65年後の今も
米国はルーズベルトが願った国には程遠い

との語りは、印象に残りました。

ルーズベルト大統領(真珠湾当時)は、
日本人には嫌われている大統領ですが、
マイケル・ムーアさんをはじめとして、
米国民には人気の大統領のようですね。

米国が負かした国々に新憲法を創って、
いわば実験国が米国よりいい国になる。
なにか面白いめぐりあわせだなと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です