Jack Ryan season2

CIA分析官 ジャック・ライアン シーズン2
原作:トム・クランシー
出演:ジョン・クラシンスキー
   ウェンデル・ピアース
   ノオミ・ラパス
   ジョルディ・モリャ
   フランシスコ・デニス
   クリスティナ・ウマーニャ
   ジョン・フーゲナッカー
   ジョヴァン・アデボ
   マイケル・ケリー
放送:2019

海外ドラマ ジャック・ライアンの続編ですね。

ハウス オブ カードのダグ役で有名なマイケル・ケリーはいいですね。ハゲオヤヂの星です。サンダーバードの人形さんみたいなルックスもGood。どういう役柄なのか、ハラハラしながら観てました。カッコイイね。

ジャックは、元海兵隊員とはいえ、分析官が無双に強くなりすぎた気がします。もはや羊の皮を被った狼という感じではありません。

シーズン3では、ホントはデスクワークメインの分析官なんだけど・・・特殊戦闘員じゃないんだけどな・・・やれやれ俺がやるしかないか・・・というジャック・ライアンが観たいですね。後の奥様のキャシーも出して欲しい。

やるときはやる。心を鬼にして非情になって。戦っている人(国)とそうでない人(国)の価値観や覚悟の違いを感じた作品でした。

平和や富は、何の犠牲の上に成り立っているのか・・・仕事も自然も人間社会も。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です