日経新聞マジ読み投資術

70:日経新聞マジ読み投資術
著者:渡部清二
発行:2018/12
総合法令出版

本屋さんで ふっ と目について、手に取ってパラパラッと見て、即決で買った本です。

読んでみて、共感したこと、参考になったこと、たくさんありましたね~。

電気自動車の製造は環境への負荷が大きいというデメリットもある。(P41)

年 初 最 新 発 転 脱 改 (P56)

「国策は買い」(P85)

個人的には将来的に日本が世界の中心になると考えている。(P89)

マーケットデータをストックデータとフローデータに分ける(P116)

①業績集計の記事から売上高の変化、経常利益を表にまとめる
②経常利益の変化を基点に4つの分類に振り分ける(P137)

増益転換の中から有望な銘柄を探す(P138)

記事から単純に連想できることに止まらず、もう半歩先をイメージして見る(P182)

「誰が儲かるか」を考える(P187)

「世の中がどう変わるか」を連想してみる(P196)

「こんな未来がくるかもしれない」「こんな世の中になったら面白い」といった発想でイメージを膨らませていくことが大事(P198)

暗い記事の中に明るいところを探す(中略)「良いところはなんだろう」と考えてみるのも変化を連想する際のちょっとしたコツ(P202~203)

読みやすくて、為になる本でした。

投資銘柄の探し方や時機について、参考にしたいと思います。

曇り空が晴れたような、そんな気がした本でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です