レッドゾーン 下

2:ハゲタカⅢ レッドゾーン 下
著者:真山仁
発行:2011/6
講談社文庫

去年の10月に上巻を読んでから、下巻を読むのに4カ月も・・・。

新聞や雑誌、並行読みしている他の本もあって、常に鞄に忍ばせてはいたものの(表紙の痛みで痕跡が残る・・・)、時間がかかっちゃった。

ハゲタカを読み始めると、ほんとその世界観は魅力的で、登場人物に会いたいって思うけど、あってもらえる次元の人達じゃないな、せいぜいテレビや雑誌で見れる人達だな、外資系ファンドのリアルってどんな人間模様が繰り広げられているのかな、などと想像が膨らんで、とても楽しいんですよ。

読み始めると止まらなくなっちゃって、他のことに支障が出ちゃいそうで・・・なんてくらい面白い小説です。

続編のハゲタカⅣグリード(上)を本屋さんに注文しました。

楽しみだなぁ~。

myペースで読みま~す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です