新聞切抜 宗教学者・山折哲雄さん

子供みたいですけど、僕には新聞切り抜きの趣味があります。
えへへ(〃´∪`〃)ゞ
読み流した新聞は積んどいて熟成(笑)させ、数カ月してから古いのから見直して、気になった記事は、ついついスクラップしてます。
古い新聞を読んでいると「この先どうなるか知っているぜ」みたいな預言者感覚に浸れたり、興味あるもので見落としていたものを発見できたり、紙の新聞も面白いですよ。

6月11日の新聞で、矢野龍さん(住友林業最高顧問)の私の履歴書が面白くて切り抜いていたら、その隣の記事に目が留まり、なんとなく読んで見たら、思わず膝を打ってしまいました。
宗教学者の山折哲雄さんの記事で、『平和の戦略を、歴史に学べ』とあります。

「前略・・・ノン・バイオレンスの日本モデルを世界へ示そうとしないのか」と、そう語っておられました。

91歳で、何度も死を乗り越えてこられた山折さんの言葉には深みが感じられます。

比すれば、近頃の政治家や経済界の方々の言葉のなんと浅く感じられることでしょう。

それ言っちゃうと、僕の言葉は更に薄っす~いけどね・・・。
(´;ω;`)ウゥゥ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。