報恩寺城を歩く

5/11 その1
 12:25 頃 スカーレット号 (CT125 ハンターカブ) にて自宅を出発、青梅方面へ向かう。

 仕事の用事が済んで、付近を探索してみると、すぐ近くに報恩寺城跡(東京都青梅市今寺)があるようなので、行ってみることに。

 西は霞川を堀として断崖・土塁、北も断崖・土塁、東はたぶん空堀・土塁(現況は道路や宅地)、南もおそらく空堀・土塁(現況は拡幅道路・石積)で囲まれた中世の館規模の戦乱に備えた在地領主の館や城塞化した寺院なのカモ知れない・・・などと勝手な妄想が膨らんでまいります。

 上記の✙より真っ直ぐ南に延びる道路が昔からある登城口の名残りで、寺の周りの道路は空堀跡で、登城口との交差部は木橋又は土橋があったのではないか・・・などと想像してみると、楽しいですよね(あくまでも僕の勝手な想像なんですが)。

 南側の道路から北向きに山門を見る。
 立派な門構えですね。
 地面の高低差も解ります。

 案内板によると、
 平安時代の弘仁12年(西暦822)の開創。
 鎌倉時代の元亨2年(西暦1322)に平(三田)清綱による再興。
 安土・桃山時代の天正年間(西暦1573~91)の藤橋城主平山越前守重吉による再々興。
 その他、数え切れない人々の助力や願いが積み重なって、今この場所があるのだと思いました。

 七福神の参拝ルートを歩いていたら、通路から外れて北側の斜面のところに出てしまいました。草木が鬱蒼としていますが往時は急斜面で落差も更にあったことでしょう。

 七福神の参道に戻ると、遥か彼方に富士山が見えました。

 藤橋城重臣 中村次郎庄衛門 供養塔の前には、直径2mはあろうかという大樹の切株が残っていて、樹種はわかりませんが、樹齢は恐らく相当なものでしょうし、寺の歴史の深さを物語っているようです。

 西側を流れる霞川の対岸から城跡を見る。木々の生い茂る断崖上部は盛土状のように見えてしまい、土塁の名残りではないかと思えました。
 帯状の盛土とか窪みって、土塁や空堀のように見えてきちゃうんだよね~(笑)。

 帰宅後に資料青梅市の中世城館跡:青梅市教育委員会に報恩寺の項があって、あながちオイラの推測も間違っていなさそうでしたが、先に読んでから行けば西側の虎口?をよく見られたのに・・・(笑)。出先で行う地図検索でたまたま見つけた小さな城館跡に向かうことが多いし、その偶然の出会いや発見が面白いので、資料はいつも後追いで調べることが多いんですよね~。

 13:40頃、法恩寺城跡を後にして、東へ向かいます。

 藤橋城跡(東京都青梅市藤橋)を見る。

 今井城跡(東京都青梅市今井)を見る。

 更に東へ向かうのであった。

杉山城を歩く

5/5
 9:55 スカーレット号(CT125 ハンターカブ)にて自宅を出発、北へ向かう。
 R16 日光街道(少し渋滞)と走り、11:15 山田うどん鶴ヶ島店で昼食、11:30 出発。
 日光街道 東松山バイパス 嵐山バイパス と疾駆して、12:30 杉山城跡に到着。
 (埼玉県比企郡嵐山町杉山)

 先着のサムライダーさんの横に駐機。

 駐車場後ろの森は、既に城域のようですが、私有地にて立入不可です。
案内板にて雄大な城跡の全容が!

 駐車場から学校沿いを歩いて、城跡東側の出郭へ。

 想像ですが、最初は在地の地方豪族が砦の山として選地して、その後1400年代後半に山内上杉氏により本格的に築城され、更に主は移り変わって改築増築され1500年代後半まで後北条氏系の城であったのかな・・・と、縄張りの精緻さを見て思いました。
 案内板で城の中枢部の郭構成が分かります。

 出郭より大手口を見る。
 なだらかな盛土や溝に見えますが、廃城から400年以上の時が経過し、人の背丈程も土塁は崩れて低く、空堀は埋まって浅く、急な斜面は緩くなっています。
 更に往時は丸太の柵で郭を囲って障壁となし、空堀や土塁に杭を打ち込み敵の進軍を阻み、上から下へ弓、石礫で狙い撃ち、やっと潜り抜けて来た敵を上から長槍で応戦し、攻め手は甚大な戦力を消耗してしまい、数倍の戦力がなければ城を落とせないだろうことが伝わってくるようです。

 馬出郭より西に続く土塁と空堀を見る。右側は南三の郭。

 南二の郭より北東方向を見る。中央は外郭から北西に延びる帯郭状土塁。見えるお屋敷は有力者の末裔なのかなぁ。まさに御屋形様ですなぁ・・・凄いです。

 東二の郭より南東方向を見る。右手は本郭。昔は倍の深さ、落差、角度だったと想像します。

 本郭にて北方を見る。祠が祭られています。

昭和61年3月に埼玉県と嵐山町の教育委員会より設置された案内板

 平成20年3月に国指定史跡へ

 本郭西方の帯郭状土塁 と 空堀。

 左:帯郭状土塁 空堀 右:北二の郭。

 本郭北東より南方を見る。
 ひととおり主要な郭を見学させていただきました。
 実際にはまだその外側に城域が広がっているようですが、今後に調査されることがあるなら、壮大な城の規模や歴史が明らかになるのではないかと思いました。
 杉山城跡は落城(廃城)後に荒れ果てて伸び放題だった樹木が、主要な郭は伐採されて、城の全容が分かりやすく明るく開放的で、素晴らしい城跡だと思いました。
 昔の埼玉は凄いよね。

 14:00 杉山城跡を出発。ときがわ熊谷線を南下。

 14:20 地酒の看板に釣られ、関根国太郎商店さんに寄る。

 地酒を購入。後の楽しみに!

 14:30 出発。ときがわ坂戸線 岩殿岩井線 飯能寄居線を疾走。

 15:15 ローソン日高新堀店に立ち寄り、アイスコーヒー 菓子パン アイスモナカで小休止。檜原村系のTシャツを着たお姉さんサイクリストが逞しく生命感が溢れていて眩しかったなぁ~!

15:35 出発。

16:35 無事に帰宅いたしました!楽しかったなぁ~!

母の日のお花 と 収納ケース

来週は母の日ですから、

お花を買って、

立川の義母宅にお届け。

お花を買って、

あきる野の実母宅にお届け。

箱が予想外に大活躍。
(蓋は開けたままね!)

その帰りがけですが、
走ってる姿はきっと笑えたと思うけど、

ホムセンで収納ケースを買って箱上積載。

冬物を仕舞ってみました。
(選別して着ない服は処分)

まだまだ部屋の中が片付かない~(笑)。

エアロバイク復活~箱装着~小瀬戸城を見る

5/3
 もう着そうにない衣類が、最近使っていないエアロバイク机の上に積もり積もって山積みになっていました。
 僕の心と身体の状態だよねと思えて、「よし捨てよう!」と選別してみたら、ほぼ捨てることになりました!

 掃除をして、メーターの電池も入れ替えて、自転車操業の準備は万端です!

 先日に腰を痛めてから、腰痛がなかなか改善しなくて、重いリュックも要因のひとつのようで、箱無し派(笑)の僕でしたが、

 ついにスカーレット号(CT125ハンターカブ)に箱を装着してみることになりました ㊗ !

 大きさ的には中くらいのサイズでしょうか。
 45L・ABS製のお手頃リアボックスを、ポチってしまいました。

 早速荷物を積んでみました。
 14:10頃、試走の為、自宅を出発。
 ブックス多摩小作店に立ち寄り、新九郎奔る!16巻 小学館 を購入。
 成木~名栗のワインディングを疾走し、下りコーナーでは時々ステップを擦ってしまいます。
 リアボックスの影響か、コーナリング時のリアの挙動はリアサスペンションを交換したほうが安定するのかも知れないな~と思いました。
 フロントタイヤはサイド付近まで概ね使っていますが、リアタイヤはワンサイズ太いのを入れている関係からか、丸みが変わってサイドまでは使えていません(笑)。

 15:10頃、有馬ダム(名栗湖)に到着。

 走ってみて、リュックを背負っていない快適さや疲労感の少なさを実感しました。
 もう元のリュックを背負ったライディングには戻れそうにありません(笑)。
 なんて快適なんだ~~~!
 付近の城跡を検索してみて、道からあまり離れていない城跡に寄ってみることにします。
 15:25、出発。

 15:50頃、小瀬戸城跡下に到着。
(飯能市小瀬戸) 

 城跡西側の住宅地から急峻な城山を見上げます。
 この角度は岩山でしょうか。

 この時間から単独行で道無き藪の急峻な斜面を登ろうとは思いません。

 岩下堂にお参りしてから、裏山の小瀬戸城跡を見上げます。お堂には古い石塔が置かれておりました。
 写真の右側には小学校があって、位置的にいうと館跡(政庁)なのかなぁと思いました。

 帰宅後にざっくり調べてみると、
 小学校の裏山は昔から『殿山』と呼ばれていたらしく、『新編武蔵国風土記稿』によると『岡部六弥太忠澄の後胤岡部小右衛門此所に土着せし』とあるらしく、岡部氏は武蔵七党の1つ猪俣党の庶流で、岡部忠澄は平安末から鎌倉時代初期に活躍した人物とのことらしいです。

 小学校の裏から登城路があるようですので、次回に挑戦したいと思います。

 16:10頃に出発。

 16:55頃に帰宅。

 箱をつけて大正解だったようです。
 身体がとても楽~! 腰痛が楽~!

小松城を歩く

4/21
9;45 スカーレット号(CT125ハンターカブ)で自宅を出発。
日曜ですので多摩御陵の西側付近は若干渋滞しております。
10:55 頃、小松城跡の南側の宝泉寺付近に到着。
(相模原市緑区川尻)

観光協会前の道端でスマホのMAPを見ながら登城ルートを検討していると、

「どちらへ行かれますか?」と、親切な70代ぐらいの男性の方が話しかけてきてくれました。
城跡へ行きたい旨を話すと、墓地の西側の階段から登れること、お寺はお殿様の菩提寺で、境内は元々は館であったらしい等々のお話をいただいた上に、ご厚意で愛機を置かせていただくことに。
_(_^_)_

お寺に入ってすぐに立派な石碑がありました。

立派な本堂ですね。
裏山が小松城跡です。
この辺りに城主のお館があったのでしょうか。

お寺さんにお参りしてから、墓地西側の登城路を登ります。

登り切った先に案内板がありました。

城跡の北側は東西方向に遊歩道(上記点線)が整備されており、

ハイキングを楽しむ方々が城跡裏を通り抜けてゆきます。

主郭の東側の空堀と土塁。

主郭の西側の空堀と土塁。
今では緩やかな溝のように見えますが、廃城から400年は過ぎ去り、人の背丈程、堀は埋まり土塁は低く斜面は緩くなっており、往時は郭(曲輪)は丸太で囲われ、斜面を登って近づく敵兵は深く高い空堀と土塁に阻まれ圧倒的に不利な地形を進軍すれば、上から弓矢・石礫・槍などで反撃され、数倍の戦力がないと城を落とせないと言われているのも頷けます。

西の曲輪の西側の空堀。

主郭にて、左側は櫓台、右側の祠は天神社。

お参りさせていただきました。
祠の左下に、

小松城址と書かれたプラ杭がありました。
小さな山城を下り、愛機を置かせていただいている観光協会に戻ります。

読みたかったのと、お礼の意味もあって、販売されていた『相模川歴史ウォーク(著者:前川清治)東京新聞出版局』という本を一冊購入し、楽しみが増えました。
(人”▽`)ありがとう☆
12:05 小松城跡を後にして、そのまま西へ。
やはり二輪車は通行止めのままでしたね。
Uターン。
ひとしきり付近をウロウロ散走していて、

12:30 川尻八幡宮さんにお参りさせていただきました。

戦国時代の小田原北条氏の時代の創建とのことです。

12:50 出発。
穴川交差点の街の酒屋さんといった風情の榎本商店さんに立ち寄り、地酒を物色していると、店主さんお勧めの限定酒を買うことができ、楽しみが増えました。

マクドナルド秋川店で家族のマックを買ってから、
14:20 帰宅しました。

母の味~都民の森P~大麦代P 散走

4/20
8:50 スカーレット号(CT125ハンターカブ)で自宅を出発。
ワークマンプラス秋川店でヘルメットインナーを購入。
実家で母の車をお預かり。
入間のミツミタイヤさんでスタッドレスをノーマルタイヤに戻していただきました。
(人”▽`)ありがとう☆
11:35 実家に帰宅。
昼食をいただきま~す。

日の出産の竹の子(美味なり)や家庭菜園サラダ(特にキャベツが甘くて美味しい)他、質素なんですけど、お金を出しても食べられな~い母の味は格別です!

12:55 実家を後にして、なんとなく西へ。
五日市の出光で給油。
14:00 檜原都民の森駐車場で小休憩。

三頭山由来のみとう団子を買ってみました。
モチモチしていて素朴で美味しかった~。

国体の自転車競技がこの地で開催されたのは2013.9.29だったのか・・・あれから12年・・・小さかった子供達と一緒に道端で猛スピードで走り去る集団のロードレーサーを観たっけなぁ~!・・・懐かしい。

14;20 出発、奥多摩周遊を疾駆します。
非力なカブでは、緩やかなアップダウンや下り坂は楽しめますが、上り坂は仕方ないっすね~。
何故か遅い上りでは抜かされなかったけど、下りに入ってそこそこのハイペース(僕的には・・・笑)で月夜見Pを過ぎた辺りで猛スピードで迫って来た黒いドカティ?2台組みに左ウィンカーを出して道を譲ると、左手を挙げて抜いていってから、すぐ先の右カーブを新幹線のパンタグラフのようにステップ?から火花を散らして鮮やかに安定したコーナリングは見事なテクニシャンぶりでした。

14:50 奥多摩湖畔の大麦代駐車場で小休憩。

何故かいつも買ってしまう大麦代名物?のアメリカンドックをいただきます。

新型のダックスさんとモンキーさんが、楽しそうにお話しされていました。
15:15 出発。
16:20 帰宅。周遊走れて楽しかったぞ~い。

名栗湖~河又城を見る~根古屋城を歩く

4/14
 8:55 自宅を出発。
 9:15~25 セブンイレブン青梅4小前店で小休止、軽く朝食。
 9:50 有間ダムに到着。

 10:00に出発
 10:10 名栗湖(有間ダム)の東方、河又城跡と表示されている辺りへ。
 (埼玉県飯能市上名栗)

 入間川の流れが回り込み、山が突き出した尾根の上、龍泉寺というお寺の裏山に、いかにもという立地に河又城跡はあるようです。

 付近に案内板は等は見当たりません。
 ネット情報を検索すると、平成に入って発見された城跡とのことで、城というより陣地といった規模の小さな山城(砦)のようです。
 街道を監視し、険しい自然の山や谷や川の流れ等の自然地形を生かし、少人数で守備して非常時には狼煙を上げて本城へ伝達したり、地元民が一時避難する砦のようなものかなぁ・・・などと想像してみました。
 普段の政庁は龍泉寺さんの辺りだったのかなぁ・・・なども(笑)?

 城跡の北東(右上)方向にある割烹料理屋さんの対岸付近の変電所付近より、城跡のある山林を見上げます。
 今回は通り過ぎて、散策は又の機会とします。
 10:20 出発。

 お花見渋滞ってやつですか・・・渋滞してます・・・ですが、すり抜けは一切しませんでした。パンクが怖いチューブタイヤですし、急いでないからね(笑)。
 11:10 根古屋城跡付近に到着。
 (埼玉県秩父郡横瀬町横瀬)

 北方は横瀬川、東方は小島沢川、西方は生川、南方は谷と古御岳城で囲い、街道を監視するとともに要衝を押さえた選地のようです。

 西武秩父線が山城跡を貫いています。

 R299から旧道を入ってすぐ(下の現在位置)、南方の根古屋城跡のある山林を見上げます。
 変電所付近の道端に愛機を駐機。

 遊歩道として整備されている西口より城跡への散策開始、各所に案内板があるので迷わないが、庭先のような道に一瞬躊躇するも、「町道ですからどうぞお通りください」と近隣住民の方々からお声がけをいただき、カーポート(笑)の下を通過したりして、登城路を進みます。

 搦手付近の堀切や土塁。西郭に入ります。

 絵図は南北が逆になっており、下が北方となります。

 西郭の土塁はなかなかの風格です。

 なかなかの急斜面を登ってゆきます。

 山頂の本郭に到達しました。

 武甲山方面を望みます。
 往時は木がなくて抜群の眺望だったことでしょう。

 羊山公園方面を望む。暫く、時の彼方の情景を思い浮かべるタ~イム。
 古くは秩父氏の城、ということは元の砦は、平安時代の後期の築城(砦)ということなのでしょうか。
 残存する縄張りは、小田原北条氏時代のものと思われますが、なかなか歴史の有る城だったようですね。
 天正18年(1590)豊臣軍の攻撃による鉢形城落城と共に開城となり、その後廃城・・・兵どもが夢の跡ですね。

 12:20 根古屋城跡を後にします。
 12:30~40 道の駅あしがくぼで小休止。
 13:45~55 ファミリーマート青梅河辺町六丁目店で小休止、軽く昼食。
 14:30 帰宅しました。

奥多摩~小菅~上野原~浄福寺城跡を見る

4/7 午前中はビルトインコンロの交換工事の立ち会い。
12:00、自宅を出発して日の出町方面へ。
12:25、平井川沿いを西進すると見事な桜並木が!

12:30、竣工間もない梅ケ谷トンネルを通ってみます。

13:10、奥多摩湖畔へ。

13:15、大麦代Pにていつものアメリカンドックを頬張る。

駐車場に相模ナンバーのSP忠男のマフラー装着の赤いGB350に乗る綺麗な女性ライダーさんの方が、たまたま遭遇したと思われる同じく赤いGB350に乗る男性ライダーの方と談笑されていました。同じバイク同士で楽しそう(特に男性は♡)!そりゃそうだよね。
13:35、大麦代Pを出発し小菅方面へ!すると先に出発していたと思われる先程の相模ナンバーの女性ライダーが駆るGB350に追いついてしまいました。当方カブ(笑)にて、動力性能の勝るGB350を抜くのも何かと思い、そのまま後ろについて、気ままにノンビリツーリングで巡航。上野原丹波山線に入りたいので、玉川キャンプ村を過ぎて左の側道(旧道)に入ろうと思っていたら、先行するGB350も入ってオイラもついてゆくカタチに・・・GB350のライダーさん、ミラーでオイラの事を確認している・・・明らかに警戒してるっぽい(笑)、違いますってたまたまです!スロットルを開けて左手を挙げてスパッと追い抜かせていただきます!
ここからはmyペースで気兼ねなくワインディングを疾走させていただきます。調子に乗りすぎるとすぐにステップを擦るので、それなりのカブ足での走りですが(笑)。ミラーのチラ見は必須で、鬼速で迫るマシーンには注意しながら!特に登りは遅いので(爆)。

14:35、棡原藤野線にて小休止。
美しい道で好きなんだよな~。
いつかこんなところに住んでみたいね!

陣馬街道で和田峠を越える。
15:10、浄福寺に寄ってみる。裏山は浄福寺城跡です。

今日は時間も遅いので、又の機会に城跡に入らせていただきたいです。

写真を撮らせていただいたお礼もあり、お寺さんにお参りさせていただきます。

美しい境内ですね。
15:25、出発。

15:50、母の家に寄る(D2に灯油を買いにゆく)。

16:50、帰宅しました。

お花見?ツーリング

4/6、8時45分頃に自宅を出発し、途中の7-11で朝食を買って、9時20分頃に道の駅八王子滝山に到着し、今回のお花見?ツーリングに参加させていただきます。
集合時刻40分前、既に数機が来ていました。

集まってきたカブは総勢23機程で、既にワイワイガヤガヤしております。

『カブで楽しむ大人の自由時間』の代表の ゆみさん のご挨拶。
そして、お花見?ツーリング呼びかけ人の やまおじさん のご挨拶の後に10時20分頃に出発!

11時頃、ローソン八王子横川町店で小休止。
お店で買ったコーヒーでブレイク。
コンビニ休憩では必ず何か買おう!

めちゃめちゃワイガヤ!

ツーリングだけど、走ってるより喋ってる~(笑)!

カブ談議に花が咲き過ぎ!
( ´艸`)

11時25分頃に出発!
これだけ台数が揃うといろいろと大変。

11時35分頃に南浅川橋付近にて小休止。
しかしまぁいろいろなカブ主がいて楽しいね!

先頭はやまおじさん!!!

列の真ん中辺り、右はオイラのハンター!

最後尾はしれっと激速カブのゼロさん!
10分程の小休止の後に出発し、11時55分頃に高尾霊園に到着。

は~い皆さん並べてくださ~い!
/)`;ω;´)

おう、ハンターさん並んでっと!
右端のピンク限定車カブ、可愛いね~♡
ピンクハンターってあったらいいかも!

忌野清志郎さんのお墓にお参りして

桜の木の下で笑顔で記念撮影
12時40分頃に出発

わちゃわちゃ感が壮観ですなぁ

13時に郷土料理の山の神さんに到着。
店内は貴重な古材を巧く使っていて
とても素敵な空間となっておりました。

背中で語るカブ乗り。
若干一名 頭頂で語ってる方が・・・
って俺かい!

本日の郷土ランチは ほうとう!

とっても美味しかったで~す!

やまおじさんとツーショット。
知り合ったのは約20年前のKawasaki KSR繋がりからです!

15時過ぎ、散会となりました。
多数の方は二次会の喫茶店へ!
オイラは仕事の関係で帰途につきました。

『カブで楽しむ大人の自由時間』の皆さま、本日はありがとうございました。
フェイスブックに僕の撮影画像を提供とともに、皆さんの撮影画像を複数使用させていただいております。
_(_^_)_

また、お邪魔させていただきま~す。

スカーレット号クラッチ調整

3/31 PM 武蔵村山のライコランドへ、ヘルメットを買いに行く途中で、スカーレット号(ハンターカブCT125)の変速時にカコーン♪と若干の振動と金属音がするようになり、え・・・壊れた?・・・まさか・・・なんだろ?
PeaceSさんに電話して概要を説明して急遽診てもらうことになりました。
( ̄▽ ̄;)

店主さんは険しい顔つきで、シフトの衝撃音に聴き入っています・・・「この年式(2022年)と走行距離(9570km)で、なんだろうな・・・カブ系のエンジンではあまりないな・・・」とのこと。
メーカーに電話で問い合わせると、「1/4回して・・・」とか言ってる。
「クラッチ調整してみましょう」とのことで、あっさり治りました(笑)。
JA55では多い症状なのかも知れませんね。

とりあえず一安心。

ついでに前後のブレーキオイルも交換していただきました。