空母いぶき7

空母いぶき7

著者:かわぐちかいじ 協力:惠谷治

発行2017/08(ビックコミック2017年第2号~第9号掲載作品)

小学館

 

物語では、与那国・多良間島や尖閣諸島が中国軍に占領されて、

自衛隊に防衛出動が出されて、奪還作戦が試みられています。

ニュースでは、日本上空を通過したICBMの話題が多いですが、

敵対勢力の脅威にどう備えていくか、もっと議論すべきですね。

平和が一番。ですが平和は守らなければ、失われてしまうもの。

どのように守ってゆくのか、厳しい現実を国民に問うべきです。

で、僕の現実は、国守以前に、家族守でギリギリ精一杯ですが。

(2017年の37冊目)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です