雄飛 14

 

雄飛 14 著者:小山ゆう 発行:2018/06 小学館

読んでいて、

僕にとって譲れないものってなんだろうか
才能 もいろいろあるけど継続も才能かなぁ
仇を討ってやるってモチベーションは必須
反撃が凄かったってことは自信に繋がるね
達成感があることは大健闘があってのこと
積み重ねがあってこそ凄い攻勢に出た!!
紙一重の なにがなんでも が 勝敗 を決める
強きを挫き 弱きを助ける のは 尊敬 を得る
いま 全力 を尽くすべき は何か!! 決める
人 生 を 懸けている 人 達 には 同志 がいる

なぁ~んて、つくづく 思ったもんです。

この 雄飛 という 作品 からは、

元気 龍馬 あずみ の 集大成 を感じます。

8月末に発売予定の15巻が待ち遠しい。

(2018年の27冊目)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です