the good shepherd

       グッド・シェパード

    監督:ロバート・デ・ニーロ
 製作総指揮:フランシス・F・コッポラ
    出演
 ウィルソン:マット・デイモン
マーガレット:アンジェリーナ・ジョリー
  ジュニア:エディ・レッドメイン
   老将軍:ロバート・デ・ニーロ
   ローラ:タミー・ブランチャード
 リチャード:リー・ペイス
  上院議員:キア・デュリア
 CIA長官:ウィリアム・ハート
元OSSレイ:ジョン・タトューロ
FBI捜査官:アレック・ボールドウィン
    教授:マイケル・ガンボン
英国諜報部員:ビリー・クラダップ
   ハンナ:マルティナ・ゲデック
元KGB士官:ジョン・セッションズ
KGB諜報員:オレグ・ステファン
  マフィア:ジョー・ペシ
       ほか
    公開:2006(日本2007)

静かでリアルなスパイ映画です。
超人的なアクションシーンはありません。
実感として、危機感が伝わる気がします。

評論家の高評価が印象に残っていますね。

監督はデ・ニーロ、総指揮はコッポラで、
興行より製作を徹底した玄人な作品かな。

1961年のビックス湾事件に絡めて、
CIA他の諜報部員の暗躍を描いている。

僕的には、アレック・ボールドウィン、
ジョー・ペシの出演が嬉しいですね。

仕事に身を捧げて、家庭が崩壊している、
職業柄の宿命のようなものもあるけれど、
仕事も大切だけど、家族はもっと大切と、
なにが一番大事なのか、本末転倒なのか、
いろいろと、思うところがありましたね。

心に残るよい映画でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です