風の電話

ジャケ&題名に惹かれて借りてみました。
それに、西田敏行、三浦友和、西島秀俊、
モトーラ世理奈が出てるとあってはね~。

この作品はね、とても気の合う二人とか、
ひとりで観る映画だなって気がしますね。

ハリウッド映画に害された人には退屈な、
社会派とか、フランス映画好きとかには、
いい映画なんじゃないかって思いました。

一人残された少女の誰にも言えない絶望。
寂しくて孤独なのは、自分だけじゃない、
まだまだ世の中捨てたもんじゃぁないと、
旅を通じて知り得たことは、大きいよね。

ラスト
「・・・いつかハルも・・・
 みんなに会いにいくよ・・・でも・・・
 それまでは生きるよ・・・
 生き残っちゃったからさ・・・
 きっとみんなに会うときはハル
 すごいおばあちゃんになってるね・・・
 楽しみに待っててね・・・じゃあね」

涙が溢れて、止まりませんでした。

素晴らしい映画をありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です