スカーレット号と 弦月号と

入院待ちの弦月号
Kawasaki KSR110 2003(右)と
スカーレット号
HONDA CT125 ハンターカブ2022(左)を
乗り比べてみたら意外と新鮮だった。

弦月号は週一でエンジンは始動してるが、
久々に走ってみたら、軽快で機敏だった。
改めて良さを認識して違いに驚きました。

スカーレット号は重厚で高級な走りです。
(弦月号との比較ですが・・・笑・・・)
排気音は静かで、これはこれでいい感じ。
(近いうち、排気系は進化する予定です)

旧型機も新型機も、それぞれ良さがあり、
ベーシックに、気軽に、リーズナブルに、
楽しめるのも原付二種の魅力かなぁと、
思った次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。